乳児を育てていて、非常に考えさせられ、気づかされた実例があります。
乳児は、前もって約束してないお親友のわが家に、直接「味わえる?」と正解しに出向くことが多いのです。
そして「お宅の人は礼節を知らない、うちの人だって急に加わることに嫌がっておる」と文句を言われてばかりで。
何回「突然お親友が来て、遊べなくてつっぱねるの不快でしょ?自分がされて不愉快ことは、他の人にもしないように。ちゃんと前もって保証をしてきなさい」と諭してきたか。
でも、ある日、乳児が言った言葉に瞳が覚めました。
「母体、おれ、約束してないお天道様にも親友が正解して遊びにきてくれたら、すげぇ望ましいのに。ダメな時は無茶で、また後遊べばいいだけだから突っぱねるのも別に不快じゃないし。」
あぁ、乳児は自分がされて不愉快場所じゃなかったから、お親友のわが家に積極的に正解してたのか、と。
撥ね付けることに引け目を感じていたのは、大人です私の思い方だったのか。
そして、親友の方も実はありがたくて、嫌がっていたのはやはり、突然来られても断らなければならない大人の引け目であった真実も知りました。
そういえば、うちの乳児は親友が非常に多くて、そんな引け目を有するあたしは親友が少ない・・・
もしかして、あたしが乳児を見習うべきなんじゃないか?とすら思いました。
父兄とこどもの実感がこんなにも違うのに、大人が勝手に課題視して、子供たちの思いの丈や用件を抑制して「調教」としてしまう事は非常に残念な場所ですな、と感じた思い出でした。最近はDCCというサプリメントを飲んでフィットネスジムにかよっています。やはり筋肉をつける事はいいと思ったからです。